宅建取引主任者の難易度

皆さんの中に宅建取引主任者を目指している人がいるでしょうか。

 

宅建取引主任者は宅建と略されることが多く、たくさんの人がこの資格試験にチャレンジしています。

 

宅建の勉強をするうえで知っておかなければいけないものがあります。

 

それは、この資格試験の難易度です。

 

宅建取引主任者になるのを難しいと感じるか、簡単だと感じるかは人それぞれ違うかもしれません。

 

では、客観的に宅建取引主任者の資格取得の難易度を図るにはどうしたら良いのでしょうか。

 

一番簡単なのは、合格ラインについて調べることです。

 

 

基本的に宅建の試験は50問あります。

 

そのうち合格ラインは35点前後です。

 

しかし、この合格ラインは毎回の試験によって変わります。

 

というのも、毎回の問題の難易度には少なからずとも差があるからです。

 

比較的難しい問題が出題されたときと易しい問題だったときとでは合格ラインも変わってくるわけです。

 

基本的に合格率は十数パーセントになるように合格ラインが設定されています。

 

合格する人は50人中7,8人という狭き門です。

 

ですから、宅建取引主任者になるにはしっかりと勉強する必要があるのです。

 

宅建取引主任者になるための勉強は独学でするという人もいれば、講座を受講するなどして勉強する人もいます。

 

最初は独学で勉強を始めたけれど挫折してしまい、学校に通うようになったという人もいるようです。

 

まずは自分の実力を知るために問題集や模擬試験などを行ってみると良いかもしれません。

 

そうすることで、自分にとってこの試験がどれほど難しいか現実を知ることができるでしょう。

 

現実を知ることでより一層勉強への意欲を湧き立たせることができると思いますよ。

宅建主任者講座で資格取得








≪ユーキャンの宅建主任者受験講座はコチラ≫