宅建取引主任者の年収はいくら?

不動産賃貸業に携わっている人の中には宅建取引主任者になりたいと思っている人が多いかもしれませんね。

 

この業界への就職活動を見据えて宅建取引主任者を取るべきか悩んでいるという人もいるでしょう。

 

ここでは宅建取引主任者の年収について紹介していきたいと思います。

 

宅建取引主任者は宅建と略されることが多いですが、なかなか難しい試験として知られているので年収も多いのではないかと想像する人が多いようです。

 

実際、宅建取引主任者の年収に関する正確なデータはありません。

 

ですから、宅建取引主任者の年収を知るには不動産賃貸業の一般的年収を調べる必要があります。

 

 

厚生労働省による賃貸構造基本統計調査を調べることで分かります。

 

基本的に不動産賃貸業や管理業に携わっている人の平均年収は500万円前後です。

 

ですから、宅建の資格を取っている人も同じくらいだと予想されます。

 

しかし、資格を持っているのと持っていないのとでは年収に違いが出てくる場合があります。

 

会社によっては資格手当というものを支給している場合があり、その場合は年収にプラスアルファが足されることになります。

 

ですから、やはり不動産業での就職を考えている人は宅建取引主任者を目指すと良いと言えるでしょう。

 

さらに、宅建取引主任者の年収に関して留意しておきたい点は、宅建取引主任者の収入は景気に左右されることがあるということです。

 

これはどの業界においても言えることですが、不動産業は他の業界に比べて景気の影響を受けやすい業界と言えるでしょう。

 

しかし、基本的に年収は500万円前後と言われています。

 

一般的なサラリーマンと比べると数十万円の差がありますから、収入アップを考えている人は資格取得を考えてみると良いでしょう。

宅建主任者講座で資格取得








≪ユーキャンの宅建主任者受験講座はコチラ≫