宅建取引主任者試験の合格率

国家資格である宅建取引主任者試験を目指している人はとても多いです。

 

それら宅建取引主任者試験合格を目指している人にとって気になるのは合格率ではないでしょうか。

 

国家資格には様々な資格があり、それぞれの資格試験の合格率は違います。

 

比較的簡単に合格できるものもあれば、狭き門の資格もあります。

 

宅建取引主任者はどうなのでしょうか。

 

ここでは宅建取引主任者試験の合格率についてみていきましょう。

 

合格率は毎年変動があります。

 

しかし、基本的に合格率は15%から18%になるように合格ラインが毎年設定されます。

 

つまり、100人試験を受けたとしたら、15人から18人が合格するということです。

 

これを聞いて難易度が高いと思うか低いと思うかは個人差があるかもしれません。

 

合格率を見る限り決して簡単な試験ではないということは分かるでしょう。

 

では、どのくらいの点数を取れば安全圏と言えるのでしょうか。

 

宅建取引主任者試験は50問で構成されています。

 

合格ラインは毎年変動がありますから、この点数であれば絶対に合格だとはなかなか言えません。

 

しかし、ここ数年の合格ラインを見てみると最も高くても36点です。

 

 

ですから、合格率が15%から18%であることを考えると、37点以上は取っておきたいですね。

 

資格試験に向けて勉強する時に、その資格試験の合格率について知っておくことは非常に重要です。

 

合格率を知っておくことで、より勉強に集中することができるからです。

 

特に独学で勉強する場合は自分に甘くなってしまいがちです。

 

そんな時に合格率を思い起こすと後悔しないためにもしっかり勉強しなくてはと思うはずです。

 

ここ数年の合格率のグラフなどをチェックするのもいいですね。

宅建主任者講座で資格取得








≪ユーキャンの宅建主任者受験講座はコチラ≫