宅建取引主任者のアルバイトはあるのか

インターネット上の求人サイトなどで宅建取引主任者の求人を調べるとたくさんヒットします。

 

そのため多くの人が資格試験を取るなら宅建取引主任者だと考えているようです。

 

宅建取引主任者の求人と聞くと正社員募集だと思う人が多いかもしれません。

 

実際、宅建取引主任者のアルバイトは募集されているのでしょうか。

 

実は宅建取引主任者の需要はとても多いので、アルバイトとしても宅建取引主任者が募集されていることは多いのです。

 

既に不動産屋でアルバイトをしている人が、時給アップのために宅建取引主任者試験を受けるということもあるようです。

 

それぞれの会社によって違いはありますが、資格手当として毎月5千円から5万円が支給される場合もあるようです。

 

それら求人情報の中には専任宅建取引主任者募集と書かれている場合があります。

 

この専任宅建取引主任者はアルバイトではなく、正社員の場合が多いです。

 

というのも、アルバイトは勤務時間が限られています。

 

 

ですから、専任性に欠けるので専任宅建取引主任者になるのは難しいのです。

 

しかし、法律にアルバイトではだめだと書かれているわけではありません。

 

ですから、実際は常勤しているが、給料形態が時給になっているためアルバイト扱いになっているという場合はアルバイトでも専任宅建取引主任者として働く場合があるようです。

 

他のアルバイトに比べて、宅建取引主任者として働く場合はかなりの高収入を得ることができます。

 

正社員として働くよりも、宅建取引主任者としてアルバイトをする方が高収入を得ることができるという場合もあるようです。

 

皆さんも収入アップのためにも宅建取引主任者を目指してみませんか。

宅建主任者講座で資格取得








≪ユーキャンの宅建主任者受験講座はコチラ≫