宅建取引主任者とは

日本にはたくさんの国家資格があります。中にはほとんどの人が知らない国家資格もあります。

 

しかし、宅建取引主任者試験はかなりの知名度を誇っています。

 

というのも、宅建取引主任者は特に不動産業界で働く人にとっては不可欠な資格だからです。

 

ここでは、宅建取引主任者という資格について具体的に紹介していくことにしましょう。

 

宅建取引主任者は、不動産取引における法律面での知識を持っていることを証明するものです。

 

ですから、それらの知識をもとに様々なアドバイスをすることができます。

 

 

ユーキャンで宅建の資格取得

 

 

宅建取引主任者の資格を持っていなくても不動産業界で働くことはできますが、宅建取引主任者資格を持っているとそれだけ的確なアドバイスをすることができますし、お客様にも信頼してもらうことができるでしょう。

 

実際、既に不動産業界で働いている人の多くが、宅建取引主任者の資格取得を目指して勉強しています。

 

ちなみに、不動産屋のスタッフは5人に1人は宅建取引主任者の資格を持っていなければいけないという法律があります。

 

ですから、宅建取引主任者はとても重宝されますし、資格手当が出る場合が多いので年収もアップすることが期待できます。

 

さらに、不動産取引に必ず必要な重要事項説明などは宅建取引主任者が行うと法律で決まっています。

 

さらに、重要事項説明に関する書面には宅建取引主任者の記名と押印が必要です。

 

不動産業は宅建取引主任者なくしては成り立たないわけですから、非常にやりがいを感じることができるのです。

 

不動産業界で働きたいと思っている人はまずは宅建取引主任者試験の合格に向けて勉強を始めることをおすすめします。

 

通信講座などもたくさんありますからチェックしてみましょう。

資格を取るなら宅建取引主任者

将来のために資格を取りたいと考えている人は多いかもしれません。

 

しかし、どの資格を取ったらよいのかわからないでいるでしょうか。

 

そんな人におすすめしたいのが宅建取引主任者です。

 

宅建取引主任者は国家資格の一つで、法律系の資格試験としてとても有名です。

 

では、なぜ資格を取るなら宅建取引主任者がおすすめなのでしょうか。

 

その理由について紹介していきます。

 

一番の理由は宅建取引主任者資格を取得することによって法律の基礎知識を身に着けることができるからです。

 

この知識は就職や転職に非常に役に立つのです。

 

宅建取引主任者と聞くと不動産業界での仕事に役に立つと考えることでしょう。

 

 

しかし、実際は宅建取引主任者資格が役に立つのは不動産業界だけではないのです。

 

他にも、宅建取引主任者の知識は行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、管理業務主任者、中小企業診断士、マンション管理士としても役立ちます。

 

それらの業界で既に働いている人は宅建取引主任者資格を取得することによってさらなるスキルアップができます。

 

また、宅建取引主任者の資格は日々の生活でも役立ちます。

 

宅建取引主任者試験の勉強により民法に詳しくなることができます。

 

民法は財産や家族に関する法律ですから、私たちの生活に密接に関わっているのです。

 

このように宅建取引主任者資格は生活においても仕事においても非常に役立つ資格です。

 

とはいえ、法律について全く知らない人はこの資格試験に合格するのは不可能だと思うかもしれません。

 

心配する必要はありません。

 

最近では一から学んで合格することができるよう初学者のことを考えて作成された学習講座などがあります。

宅建主任者講座で資格取得